シンポジウム 会社と社員を元気にする「健康経営」をデザインする

会社と社員を元気にする「健康経営」をデザインする
2021年11月19日(金)14:00~17:00
ZOOMでのオンライン開催
 我が国は、生産年齢人口減少、従業員高齢化、深刻な人手不足、国民医療費増加といった様々な構造的問題を抱えています。また、漫然とした心身の不調である“プレゼンティーズム”による損失が、医療費や疾病休業に関わるコストの3〜4倍に上っています。一般的に健康リスクが高まるほど労働生産性は低下し、この傾向はコロナ渦においてさらに深刻化しています。
 こうした危機的な状況において、『健康経営』の推進が喫緊の課題となっています。健康経営とは、「従業員を企業が成長するための貴重な資源と捉え、経営的観点から従業員の健康増進を人的資本に対する投資とする積極的な取り組み」です。健康経営の実現は、従業員の健康だけでなく、労働生産性の向上につながり、企業の業績にも波及することが実証されています。本シンポジウムでは、健康経営の推進役である経済産業省からの参加を得て、企業、経営学、心理学の観点から健康経営の現状と課題を分析し、健康経営実現に向けた方法を提案します。

プログラム

  • 第1部我が国の健康経営の現状と課題
    • 我が国における健康経営推進に向けての取り組み
      経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 総括補佐 藤岡 雅美
    • 日本経済と健康経営の課題
      東京理科大学大学院経営学研究科 ロバート・フェルドマン 教授
      詳細≫
  • 第2部社員のモチベーションを高める健康経営の向けて
    • 健康管理から「社員の主体的取り組み」支援の健康経営に向けて
      東京大学大学院教育学研究科 下山 晴彦 教授
      詳細≫
    • 継続的な健康経営を目指すためのセルフデザイン力
      パーソルワークスデザイン株式会社 代表取締役社長 平林 由義
      詳細≫
  • 第3部健康経営イノベーションの必要性と課題:現場視点から
    • 現場に根ざした経営組織論の観点から
      東京大学大学院経済学研究科 高橋 伸夫 教授
      詳細≫
    • お客様と社員が共に『よく生きる』健康経営へのチャレンジ
      株式会社ベネッセホールディングス グループ人財本部長 鬼沢 祐子
      詳細≫
      株式会社ベネッセコーポレーション 事業戦略本部 プロデューサー/
      弘前大学COI拠点研究員 吉田 富美子
  • 座談会

シンポジウム共催機関

  • 東京大学エクステンション株式会社
  • 東京大学産学協創フォーラム「臨床心理iNEXT」
  • パーソルワークスデザイン株式会社

時間・料金

オンラインライブ
時間参加料金(税込)
3時間¥3,300

申込

※申し込みは各開講日の2営業日前までとなりますのでご注意ください
※定員:500名

開催日 講義形態
21/11/19 オンラインライブ 申込